連休中のパチスロ

今はゴールデンウィーク。

連休真っ只中です。


ゴールデンウィーク


そして私は、連休に限らず、休みの日と言うと朝からパチスロが打ちたくてしようがないのですが、こういった行動は(ギャンブル的には)どうなのでしょうか。


連休(休みの日)と言うと、どのパチンコ店も平日に比べると人が多いものです。

当然、出る台は他の人にとられてしまっている可能性は大です。
(出る台を掴んだ人は、そう簡単には手放さないからです。)


さらに、お店の方も「今日は稼ぎ時」とばかりに、設定を低くして待ち構えているようにも思えます。


すると、やはり “連休中のパチスロ” は避けたほうが良いのでしょうか。


私は “その逆” だと考えます。


賢いパチンコ店(パチスロ店)は、休みの日ほど多くの人に勝たせようとすると思うのです。


これは自分の経験からも分かります。


これまで “大勝ち” した経験が、誰にでも何度かあると思います。

そして、そういう日には

 「これで、暫くパチスロはしなくてもいいかも」

などと考えるものです。


そころが、実際にはそんなことはありません。


その数日後には、再び(たいていは同じ店で)遊んでしまうのです。


しかも、会社帰りの時間のないときなどに、短時間で数万円を使い果たしてしまいます。

そして、これこそが “店側の狙い” なのです。


どんなに大勝ちしても、“お客は必ず戻ってくる” のです。


ですから、連休には多くの “戻ってくるお客” を確保しようと、設定は甘めにしている(と私は思う)のです。


ならば、そのお店側の策略にまんまと嵌まるのが、(連休中の過ごし方としては)正解なのではないでしょうか。


と私は思います(信じたいです)。





関連記事