オンラインカジノでパチスロはやめられるか

パチスロにはまり過ぎの日々を送っています。最近、体力の限界を感じオンラインカジノへの転向を考えています。

777タウン.net/777townSP

リング 恐襲ノ連鎖 いつもと違うセリフがでたら要注意

「パチスロ リング 恐襲ノ連鎖 」のゲーム中、画面上では、二人の人物がたびたび会話をします。


 200217


上の場合は、「今日の調子はどう?」という智子の問いかけに、雅美が「いつもと変わんないかなあ」と答えています。

日常のごくありふれた会話です。


では、次の場合はどうでしょうか?


 200217_01


「あいつ、どれくらいできるんだ?上中下でいうと」という高山の問いかけに、
「どうでしょう?普通だと思いますけれども」と高山が答えます。

この高山の質問は、少し不自然ではないでしょうか?

「あいつ」というのが誰のことだか分かりませんし、「上中下でいうと」という訊き方も変です。


そして私は、この「上中下」というのは、打っている 台の設定のことを指しているのではないか と考えています。


この「上中下」の会話は、他にも登場します。


 200217_02


上は、雅美と智子の会話です。


 200217_02_01


「あの人、上中下でいうとどれ?」と雅美が訊き、

普通ですと、「ちょっと、止めようよ」と智子が制するのですが、


 200217_02_02


今日は、「うーん、悪くはないんだけど・・・ちょっと考えさせて」といつもと違うパターンでした。


いつもと違うセリフがでたら要注意

これは、およそ全てのパチスロ機に当てはまる鉄則です。


そこで、私はこの「悪くはないんだけど・・・ちょっと考えさせて」というのを

「設置は悪くないので、もう暫く打ってみて」

と解釈し、“暫く” うち続けました。


その結果はと言うと

 ① 何度もチャンスBONUS(終焉の回廊)を引き当てるものの
 ② 一度もAT(スパイラルBONUS)に突入せず
 ③ 所持金が無くなったので断念

という思わしくないものでした。


しかし、どこかしらいつもと違う流れでもあり、いまだに、この「上中下」というのは、台の設定のことだと思っています。


そのうちいつか、「上よ、上(=設定6)」という答えが返ってくる日が来るかもしれません。


★ パチスロ風スロット「Battle Dwarf」が打てる オンラインカジノ★
   ■ インターカジノ
   ■ カジ旅
   ■ カジノシークレット
   ■ ベラジョンカジノ

  

恐襲ノ連鎖 +100 ?

「パチスロ リング 恐襲ノ連鎖 」の AT(SPIRAL BONUS)突入一発目で、次のような画面が出ました。


 200210_01


ご存知、“継続ゲーム数” の上乗せ表示なのですが、私は、はじめこれを

 「+100 ?(ぷらすひゃく?)

と読んでしまいました。

実際には 「+10G」 だったのですが、(Gを0と見間違えました)、
“フリ-ズなし” でいきなりこのような表示が現れたので、「何かとてつもなく大きな上乗せ」だと思い込んでてしまったのです。


「リング 呪いの7日間」のときの「+300」などの上乗せイメージが残っていたのでしょう。

しかし実際には、「恐襲ノ連鎖」では、そこまで大きな上乗せはこれまで経験したことがありません。(2ケタ止まり)


それでも今回は、この後「公開実験ステージからの引き戻し」など、調子のよい場面が何度も続き、


 200210_02


打ち止めとはならなかったものの、結果的に 1500枚ほどをたたき出しました。


この「+100」に見える「+10G」が出たときは、暫く様子を見たほうがよいかもしれません。


ちなみに、「公開実験ステージ」では、「カッ、カッ、カッ、カッ、カッ、カッ、」という “フラッシュバック演出” が頻発するときは、ほぼ間違いなく “AT引き戻し” となるようです。

★ パチスロ風スロット「Battle Dwarf」が打てる オンラインカジノ★
   ■ インターカジノ
   ■ カジ旅
   ■ カジノシークレット
   ■ ベラジョンカジノ

  

リング 恐襲ノ連鎖 55Gに到達すると

「パチスロ リング 恐襲ノ連鎖 」で、『呪縛スパイラル』に突入すると、

画面の下の方に
 55Gに到達すると・・・
というメッセージが流れていることに気付きます。


  リング_恐襲ノ連鎖


『呪縛スパイラル』の最大ゲーム数は55Gとのことですが、その55Gまで完走するとどうなるのか、(私は)知りませんでした。


しかし、ついにその日がやってきました。


 200206_01


結論から言うと、55G到達で、『EXモード』と呼ばれるモードが確定するらしいです。


そして、「その『EXモード』とは一体何か?」と言うと


 200206_02


画面の下の方に
 貞子出現高確率
とあります。


おそらく、これ(高確率モード)のことでしょう。


その証拠に、その後、何度も画面が飛び出してきて、

何が何だかわからぬ間に “打ち止め” となってしまいました。


 200206_03


台の設定が良かったのか、たまたまEXモードを引き当てたのか、それは(今の私の知識では)分かりません。


しかし、「呪縛SPIRAL」の文字(背景色)が、ずっと 赤色 だった記憶があります。
(いつもは、青のことが多いです。)


つまり、少なくとも「呪縛SPIRAL」の画面が “赤色” のときは、“暫く様子を見たほうが良い” ということになります。

★ パチスロ風スロット「Battle Dwarf」が打てる オンラインカジノ★
   ■ インターカジノ
   ■ カジ旅
   ■ カジノシークレット
   ■ ベラジョンカジノ