オンラインカジノでパチスロはやめられるか

パチスロにはまり過ぎの日々を送っています。最近、体力の限界を感じオンラインカジノへの転向を考えています。

コロナで急増 ネット競馬

インターネットで馬券が買えるJRAのいわゆる「ネット競馬」の会員登録者数が、新型コロナの影響で急増しているそうです。


  中山競馬場

 インターネットで馬券が買えるJRA(日本中央競馬会)のネット会員登録が、コロナ禍で急増している。(中略)JRAによると、ネット会員数は20年末時点で前年より約59万人増え、506万人になった。新型コロナウイルスの感染対策で、場外馬券売り場「ウインズ」を休止したことなどが影響し、現金での馬券発売額は前年比25%の2174億円に急減したが、ネットでの発売額は前年から36%増加。2兆7753億円となった。
 馬券の売り上げなどの勝馬投票券収入と、競馬場への入場料などの事業収入を合わせた事業収益は、前年比3%(884億円)増の3兆206億円。JRAは好調の要因を「コロナによる『ステイホーム』や『巣ごもり』と、レジャーとしての中央競馬の相性が良かった。ネット購入にためらいがあった層にも新規加入が広がった」(広報部)と分析する。(以下略)
(「朝日新聞DIGITAL」より引用)


競馬場や施設の利用者(利用料金)が減少している一方で、トータルの事業収益が “前年比3%(884億円)増” というのですから、いかにネット利用者が増えたのかが分かります。

新型コロナ(巣ごもり)の影響でネットの利用が増えるのは当然のことですが、競馬(ギャンブル)利用者までが増えるというのは、少し意外な気もします。


 


逆に、こういったときだからこそ、娯楽、あるいは一攫千金の夢(息抜き)が必要ということなのでしょうか。


オンラインカジノは日本の管轄外ですので、こういったニュースになることはないのですが、私のように、パチンコ店・パチスロ店に行きづらくなってオンラインカジノに転向した人もきっと多いはずです。

オンラインカジノの日本人利用者がもっともっと増えて、「“パチスロ風” スロット」の機種が増えてくれると、私としては嬉しいのですが・・・。

★ パチスロ風スロット「Battle Dwarf」「Hawaiian Dream」「Dreams of Gold」が打てる オンラインカジノ★
   ■ カジ旅
   ■ カジノシークレット
   ■ ベラジョンカジノ

 

スポーツベット 合法化

日本で「スポーツベット 合法化」の動きがあるそうです。


 サッカー_ゴール


イギリスの『フィナンシャル タイムズ』が、以下のような内容の報道を行ったことで、ここに来て、日本国内でも話題になっています。
Covid hit prompts Japan to rethink rules on sports gambling
Japan’s government has begun internal discussions to legalise gambling on football and baseball in a move that would create a combined sports betting market estimated at more than $65bn a year.
The secret discussions, which were described to the Financial Times by two people with direct knowledge of the situation, means that betting on Nippon Professional League baseball could be deregulated as soon as 2024.
(以下略)
(『Financial Times』より引用)

日本政府が、サッカーと野球について、年間650億ドル(約7兆1000億円)規模の “合法スポーツ賭博” とすることについて検討をしているというのです。

「プロ野球については、2024年にも解禁になる可能性がある」とまで書かれています。


日本では、「TOTO」などの “スポーツくじ” はあるものの、現在、スポーツに関する賭け事(スポーツベット)は、競馬などを除いて違法とされています。

そのため、オンラインカジノ同様に、海外の “オンライン スポーツブックメーカー” を通じて、ベットしなければならないのが現状です。


私がよく利用するオンラインカジノ「CASINO-X」の中にも、「スポーツ(スポーツベット)」のページがありますが、私はまだ利用したことがありません。


 Casino-x_sports


また、「スポーツベット」や「ウィリアムヒル・スポーツ」などのスポーツベットに特化したオンラインカジノ(オンラインブックメーカー)もあるようです。

  こちら >> スポーツベット
      >> ウィリアムヒル・スポーツ

  


日本でスポーツベット 合法化という話になれば、当然、これらのオンラインカジノの人気も高まってくることでしょう。

★ パチスロ風スロット「Battle Dwarf」「Hawaiian Dream」「Dreams of Gold」が打てる オンラインカジノ★
   ■ カジ旅
   ■ カジノシークレット
   ■ ベラジョンカジノ


パチンコ店 閉店相次ぐ

『読売新聞』に「たたかれたパチンコ店、客足戻らず閉店相次ぐ」と題した、以下のような記事が掲載されていました。
 千葉県内のパチンコ・スロット店の閉店が相次いでいる。射幸性の高い機種の規制などで客離れが進んでいたところに、新型コロナウイルスの感染拡大が経営を直撃した。先行きが見通せない中、屋外レジャーといった新事業を始める企業も出てきた。
 県警風俗保安課によると、2016年に県内451店あったパチンコ店は、20年12月末時点で379店に減った。16~19年は年間15店ほどのペースだったが、昨年は25店減った。同課は「新型コロナの影響で経営が立ち行かなくなった企業が増えたのではないか」とみている。(以下略)
(『読売新聞オンライン』より引用)

記事は千葉県の話ですが、実は私も(東京でも)、先月、JR高田馬場駅に隣接しているパチンコ・パチスロ店が突然閉店となっていたのを知って、驚いたばかりでした。


 コスモ高田馬場閉店


「コスモ高田馬場店」というパチンコ店ですが、実は、昨年春の緊急事態宣言時に 東京都の「休業要請」に応じず、連日営業し続けニュースになったお店 なのです。

思えば、あの頃から既に、経営が立ち行かなくなっていたのでしょう。

苦渋の決断で、“掟破りの営業” を続けたわけですが、体力は持たなかったようです。


そのように思い起こすと、私がよくパチスロを打ちに行く新宿でも、(いつの間にか)2店が閉店になっています。

新型コロナウィルスが理由かどうかは定かではありませんが、いずれにせよ、パチンコ・パチスロ店は、今(そしてこれから先も)厳しい状況におかれていることは間違いなさそうです。


かく言う私も、昨年の緊急事態宣言以降、ほとんどパチスロ店に行かなくなっています。

と言っても、まったく行かないわけではなく、以前は “連日” のように行っていたところが、“週に1~2回程度” に減ったというレベルです。(私としては “激減” レベルなのですが・・・)


理由のひとつとしては、「オンラインカジノを始めた」ということが、もちろんあります。

しかし、一番の理由は、「パチスロ新台のリリース数が少ない」ことです。


 □ 客足が減ったから新台開発をしなくなったのか
 □ 新台が出ないから客足が減ったのか


どちらかははっきりしませんが、“とても厳しい状況” であることは間違いありません。

★ パチスロ風スロット「Battle Dwarf」「Hawaiian Dream」「Dreams of Gold」が打てる オンラインカジノ★
   ■ カジ旅
   ■ カジノシークレット
   ■ ベラジョンカジノ