オンラインカジノでパチスロはやめられるか

パチスロにはまり過ぎの日々を送っています。最近、体力の限界を感じオンラインカジノへの転向を考えています。

HEY!鏡 裏モード

パチスロ「HEY!鏡」で、“裏モード” に突入 しました。


 190709_01


“裏モード” では、このように「慶志郎チャンス!!」の文字が裏返ります(画面が反転します)。

ただし、自動的に反転するわけではなく、「慶志郎チャンス!!」の画面が出ている最中に、自分で「PUCHボタン」を押して、反転するかどうか確かめてみなくてはなりません。

反転するタイミングが、イマイチ不明なので、私は

 ① 「慶志郎チャンス!!」の画面が出現したとき
 ② 「慶志郎チャンス!!」の画面中、第1停止ボタンを押した後
 ③ 「慶志郎チャンス!!」の画面中、第2停止ボタンを押した後

と毎回、3回押して確かめています。
(第3停止ボタン後のPUCHボタンでは、鏡・轟・操を選ぶ画面に変わるので、その前に反転しなかったらハズレです。)


そして、この “裏モード” が意味するところ(恩恵)は以下の通りです。

 ① ベルナビ回数20回以上確定
 ② 「慶志郎チャンス」の継続率(ドライブゾーンから慶志郎チャンスへの復帰率)が約82%
 ③ 裏モード自体がループ性あり


つまり、

「慶志郎チャンス」を何度も繰り返し、
 コインを大量獲得できるチャンス


なのです。


私の場合はというと、

 ① 裏モード自体のループは3回(画面の反転を確認できたのが3回)
 ② その後も、(画面は反転しないものの) 「慶志郎チャンス」を繰り返し


190709_02


獲得枚数 約1,000枚

という結果でした。


決して「大量獲得」ではありませんが、“裏モード” 自体がはじめてでしたので、大満足です。



電子マネー・商品券がもらえるオンラインスロットゲーム

HEY!鏡 中リールに狙え!

相変わらず、パチスロ「HEY!鏡」の話になりますが、今日は、こんな “レア演出” に遭遇しました。


 190625_01


 中リールに ■□■ を狙え!


他の人がこの演出を引き当てているのを目撃したことはありますが、自分で引き当てたのは、今日がはじめてです。

当然、期待が高まります。


そして、この「中リールに狙え!」が意味するところはと言うと、

 頂対決 確定!!

なのです。


190625_02


このままいきなり「頂対決」に突入するのかと思いきや、


機内シーンを経由します。


190625_03


ただし、いきなり “鏡ガールズ” 2人からのスタートです。

そして、左側には「頂対決」の文字が!


この時点では、“期待十分” だったのですが、


このまま何も起きることもなく(鏡ガールが増えることもなく)、“静かに” 頂対決へと投入し、


わずか 「1バトル」 だけを消化して終わってしまったのです。


獲得枚数にして 200枚程度


190625_04


このように枚数表示すらされません。

“頂対決へ直行” したのでカウントされないのでしょうか。

それとも、単純に枚数が少ないからなのか・・・


もしくは、この直後に何か “劇的な展開” が待っている とか・・・


と、まだまだ期待しつつ、レバーをたたいたところ、

「特訓開始」に突入 です。


190625_05


しかし、このまま「ジェットボーナス」も「慶志郎チャンス」も引き当てることなく、終わってしまいました。


トボトボと別の台へと移動しましたが、ショックから抜け切れず、結局、今日は負けてしまいました。


パチスロで勝つコツは「潔さ」 だと思います。


その点につき、今日の私はまったく駄目駄目でした・・・。



電子マネー・商品券がもらえるオンラインスロットゲーム

HEY!鏡 変なキャラクターが登場

先日、パチスロ「HEY!鏡」を売っていたところ、“変なキャラクター” が登場しました。


190617_01


軍曹がロープを引っ張ったときに、鉄塊の代わりに落ちてきたのです。

「番長シリーズ」は「サラリーマン番長」以外は詳しくないのですが、何か有名なキャラクターなのでしょうか。


そしてさらに、軍曹ではなく、伊集院薫版の「行くぞオォォ!」。

これは、期待が高まります。


190617_02


続いて、慶志郎チャンスへ “直当たり”。


190617_03


ドライブゾーン中には、こんな台詞までが登場し、


190617_04


そして、「PUSH」ボタン。


190617_05


さらに、もう一発。


190617_06


(自分の)期待は “最高レベル” でしたが、結果は「686枚」と、そこそこのものでした。


190617_07


最近はこのパターン(1000枚超えないパターン)が多いように感じます。


例によって、“深追い” はせずに、この後の台詞「ワァーォ!」だけ確認して止めました。


やっぱり、「HEY!鏡」はおもしろいです。

狙う台と、やめるタイミングさえ間違えなければ、大負けはしません。
(たぶん、「HEY!鏡」単体でカウントすると、トータルで勝っているのではないでしょうか。)


「HEY!鏡」メインで打っていますが、6号機もなかなか良いものだと感じています。


電子マネー・商品券がもらえるオンラインスロットゲーム