スマホ対応!クレジットカード対応!日本語サポート対応!オンラインカジノはベラジョンカジノ☆

攻略法が存在するギャンブル

前回の記事で、パチスロなどの大当たり確率は「独立事象」で、“何回繰り返そうが確率そのものに変化はない” という話をしました。


 前回の記事はこちら >> パチスロの確率と独立事象


すべてのギャンブルがそうなのでしょうか?

運にまかせるしかないのでしょうか?


ここで思い出されるのが、昔に観た「レインマン」という映画のことです。





トム・クルーズとダスティン・ホフマンが演じる兄弟の物語ですが、この映画に登場する兄レイモンド(ダスティン・ホフマン)は、サヴァン症候群という特殊な能力の持ち主でした。

そして、この2人がラスベガスのカジノで、「ブラックジャック」というギャンブルで大勝ちするエピソードが映画の中にあります。


何故なら、レイモンドはサヴァン症候群の能力によって、使われたカードと残っているカードを全て記憶することができたからです。


  「レインマン」の動画視聴(無料)はこちら >> 「レインマン」の動画視聴 | U-NEXT


パチスロの大当たりの確率は独立事象でしたが、ブラックジャックの確率は「従属事象」と呼ばれるもので、その前に起こったことが、次に起こることに影響を与えます。


トランプ01


分かりやすい例をあげると、一組のカードでプレイをしていた場合、「A(エース)」4枚が全て出てしまうと、その後は「ブラックジャック」という役自体が、成立しないことになるのです。


このように、このブラックジャックというゲームは、“攻略法が存在するギャンブル” として昔から注目されてきました。

アメリカの学者たちが、データを分析して数々の攻略法を発表してきたのです。


そういう意味では、“もっとも勝てる可能性のあるギャンブル” と言えるかもしれません。


ちなみに、さきほどの「レインマン」で行ったカードを全て暗記していくやり方は、 “カウンティング” と呼ばれる手法(攻略法)になります。

実際に、マサチュ-セッツ工科大学の学生たちのチームがこの攻略法実践し、カジノに大損害を与えたことがあり、この実話は「ラスベガスをぶっつぶせ」という映画にもなりました。




パチスロの確率と独立事象

パチスロ機やパチンコ台には “大当たり確率” というものが設定されています。


確率イメージ


例えば、私の大好きな「リング 呪いの7日間」というパチスロ機の “ロングフリーズ” の確率は “65536分の1” と、とてつもなく分母の数字が大きいです。

その一方で、通常ボーナスである “貞子ボーナス” の確率は、(設定によっても違いますが)だいたい “200分の1” 前後とされています。


しかし、実際には、ロングフリーズに遭遇したことは結構ありますし、逆に、通常ボーナスで200回以上ハマることもしょっちゅうあります(というより普通です)。


それはいったい何故か?


パチスロの盤面で起こることは全て “独立事象” だからです。


独立事象というのは “唯一無二の存在” であるということです。

わかりやすく言うと、その前に起こったことは、その次に起こることに何の影響も与えないということです。


大当たり確率200分の1と聞くと、200回まわせば大当たりを引くように思いがちですが、それは大間違いです。


何回まわそうと、“毎回の確率” が200分の1だからです。





例えば、大きな袋に200個の玉が入っているとします。

このうち199個は白い玉で、たったひとつだけが大当たりの赤い玉です。


200個のうちのひとつですから、袋から赤い玉を取り出す確率は200分の1です。


そして、1回目をハズし、2回目に赤い玉を取り出す確率はと言うと、

199分の1のように思ってしまいがちですが、独立事象(パチスロ)の場合は違います。


1回目がハズレだった場合、2回目の玉を引く前に “ハズレの白い玉を袋に戻す” というルールがあるからです。


ですから、何回引こうが、確率はずっと200分の1です。


こういったこともあり、私は “天井機能” が付いている台(機種)以外は打たないことにしています。


オンラインスロット ディーチェ つづき

昨日の記事のつづきです。


 昨日の記事はこちら >> オンラインスロット ディーチェ に登録してみました


めでたく “デイリー宝箱チャレンジ” で1チケット(=100Ptに交換可能)と “初回登録特典” の100Ptの “合計200Pt” を手にしたわけですが、実は、このチケットとPt(ポイント)は同時には使えないことを知りました。


ディーチェでは、プレイできるステージ(エリア)が2つ用意されています。


ディーチェ登録05


「ポイントエリア」と「チケットエリア」の2種類で、

  ① ポイントエリアでメダルを増やし(増えたメダルはチケットに両替されます)
  ② 両替したチケットを持って、チケットエリアへ移動
  ③ チケットをメダルに両替し、チケットエリアでPLAY
  ④ チケットエリアで勝った分がゴールドとなり、
  ⑤ ゴールドで景品交換が可能

という流れになります。


ということで、さっそくポイントエリアでチケットを増やしてから、チケットエリアに移動したのですが、






最初にプレイした「龍中華飯店」という機種で、『オールBAR』というものを引き当て、


龍中華飯店01


1300Gをゲット。


龍中華飯店02


さらに次にプレイした「FIRE FIRE」という機種では、赤セブン(ビッグボーナス)を引き当て、


firefire01


1292Gをゲット


firefire02


さらに、「常夏パラダイス」という機種に移動したところ、


常夏パラダイス01


またまた「オールBAR」!


これは随分とツイているなと思ったところ、

今までゲットしたゴールドと合わせて4000Gとなったところで、「打ち止め」になってしまいました。


常夏パラダイス02


説明によると、お試し会員が保有できるゴールドは「4000Gまで」ということです。


プレイを続け、ゴールドを景品に交換するには “本会員” になる必要があります。

そして、本会員となるためにはポイントを “購入” する必要があるとのことです。


常夏パラダイス03


しかし、4000Gは本会員に移行しても引き継がれるということなので、とりあえず「1,000円分だけ」ポイントを購入してみようと思い、お試し会員のステータスをリセットしたところ、


常夏パラダイス04


ポイント購入の最低金額は、3,240円のようです。


いずれは3,240円ぐらいは使うことになるので、購入しても良いのですが、ここはひとまず待つことにします。

他のサイトもひと通り覗いてみて、最終的に「このサイトをメインにプレイしよう」ということになれば、そのときは3,240円分のポイントを購入することにします。


幸いにも、今回獲得した4000Gの有効期限のようなものは、とりあえず無いようなので・・・。




プロフィール

Nausicasino

Author:Nausicasino
パチスロにはまり過ぎています。
(プロではありません)
しかし、体力にも限界を感じ、現在はお店に行く必要のないオンラインカジノへの転向を考え、調査中です。

日本語対応オンラインカジノ

検索フォーム

QRコード

QR

ブログランキングに参加中

にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ