オンラインカジノでパチスロはやめられるか

パチスロにはまり過ぎの日々を送っています。最近、体力の限界を感じオンラインカジノへの転向を考えています。

パチスロ店からATMが消える

以下は、『読売新聞』の記事からの引用になります。

 カジノ実現に向けた政府の「ギャンブル等依存症対策推進基本計画」の素案が判明した。計画は昨年10月に施行された依存症対策基本法に基づくもので、事業者らにギャンブル施設内の現金自動預け払い機(ATM)撤去や、顔認証システムによる入場制限などを求めた。国が依存症患者向けの相談・治療拠点を全国に整備することも盛り込んだ。
(「読売新聞オンライン」より抜粋)


記事内の「事業者らにギャンブル施設内の現金自動預け払い機(ATM)撤去や、顔認証システムによる入場制限などを求めた」という部分の「事業者ら」というのは、今度新に日本国内に設けられる予定の「カジノ施設」の事業者のことです。

ギャンブル依存症が懸念されることから、ギャンブルにハマり過ぎないように、施設内にはATMを設置しない(=お金を使わせ過ぎない)こと、などが検討されているのです。


 ATM


という話だとずっと思っていました が、

記事を最後まで読んでみると、どうもそうではないようです。


記事の最後のほうには、次のようにあります。

 素案は、競馬や競輪などの公営ギャンブルとパチンコの主催者や事業者が取り組むべきことを示している。利用者のお金の使いすぎを防ぐため、施設内にあるATMの原則撤去を打ち出した。入場制限者を確実に見分ける顔認証システム導入の検討も明記した。


カジノ施設のみならず、街中のパチンコ店(パチスロ店)も対象になるようです。


つまり、現在あるATMが、パチスロ店から消える ということです。


実際問題、店内のATMはそれほどの頻度で使うわけではありませんが、外に出るのが面倒な雨の日や、閉店間際の時間の無いときなど(こちらの方が大きいです)、たまに使っていることも事実です。


正直言って、カジノができるおかげで「とんだとばっちりを受けた」という気がします。


これから先も、まだ何かあるのでしょうか。



無料会員登録

リング リサが現れると いいこと が

久し振りに「パチスロ リング(シリーズ)」で遊びました。

  


リング(特に「呪いの7日間」)は、歴代パチスロ機の中で、私が最もハマった台です。

2年近くの間、この機種 “だけを” 毎日のように打ち続けた記憶があります。

しかし、この台を設置するパチスロ店は日に日に少なくなり、おそらく、数ヶ月のうちに完全に姿を消すことは間違いありません。


そんな絶滅危惧機種とも言える、「リング」を久し振りに(とは言っても数ヶ月ぶりぐらいに)打ってみたのです。


私は、最近は「HEY! 鏡」にハマっているのですが、先日、エヴァンゲリオン(6号機)が入ってきたおかげで「HEY! 鏡」の台数が減らされ、空き台がなかったからです。


そういうわけで、空き台が出るまでの時間つぶしのつもりで打った台が、「リング 終焉ノ刻」。

5スロのコーナーに一台だけ設置されています。


すると、ラッキーなことに、回し始めてすぐに「貞子ボーナス」を引き当て、そのまま「呪縛RUSH」へ。


そして、(私のお気に入りの)あの娘が現れました。


20190225_01


 リサ です。


今までの経験上、この娘(リサ)が現れると “いいこと” が起きます。

しかも続いて、メガネ娘(たしか名前はナナだったと思います)までもが登場しました。


20190225_02


この娘(ナナ)は、メガネこそかけているものの、メンバーの中では “最高ランク(手形5つ)” なのです。


もう間違いありません。


と思ったものの、結果は


20190225_03


約900枚と、そこそこの成績でした。


時間つぶしのつもりでしたので、ここでやめて「HEY! 鏡」のシマに移動するところですが、思うところがあって、今日は店を替えることにしました。


目的の台は、「リング 呪いの7日間」


20190225_04


今日は、何だか「リング」にツキがあるような気がしたからです。


「リング 呪いの7日間」は、別の店の「(しかも)20スロコーナー」に、いまだに一台だけ置いてあります。


そして、結果はと言うと


20190225_05


詳しくは書きませんが、一気に8,000枚近くを叩き出しました。

 貞子ボーナス ⇒ 呪縛RUSH ⇒ 貞子アタック ×2 ⇒ 絶叫乱舞 ×2(運命の巻き戻し有り)

という流れでした。


自分のことながら、凄いです!


やはり、「リサが現れると “いいこと” がある」 ようです。



無料会員登録

HEY!鏡 「当」出ました

「HEY!鏡」で、はじめて見る画面に遭遇しました。



「特訓開始!」からの「めんこ対決(サキ)」で、“ハズレ” かと思ったのですが、


 20190216


引いた めんこ が、 「当 あたり でした 。


しかしこの後、「JET BONUS」から「慶志郎チャンス」へと突入し、そこそこは連チャンしたのですが、トータルで500枚に満たない程度のものでした。

それでも、 “当たり めんこ” は初めてでしたので、やはり、嬉しいものです。


そして、こういったときに気をつけるべきことは、

 「珍しいパターンが出たから、きっと、高設定台に違いない」

と(勝手に)考え、必要以上に深追いしてしまうことです。


本当に “高設定特有の画面(パターン)” の場合もあるかもしれませんが、私は、“その手の期待(=思い込み)” で何度も痛い思いをしていますので、

 「珍しいパターンの有効期限は、その回限り」

と考えるようにしています。


特に、「HEY!鏡」では安定した勝ちが望めそうな感じになってきたので、この感じを崩さないためにも「深追いはしない」と心に決めています。


 
 ▸ 【電子書籍】パチスロ極2019年1月号


人気ランキング A-SLOT